中古車ローンを組むためには

###Site Name###

不動産は新築でなければ融資をうけづらいのが現実です。

なぜなら建物には価値をほとんど見出さず、土地の評価額で融資金額が決定されるからです。

中古車が気になる方に必見の情報です。

建物は新築であることが融資の条件になっているのは、新築であれば評価額を担保できるという金融機関側の理屈によるものです。


一方車に関してはどうかというと新車はもちろん融資を受けることができます。また新車を購入してローンを組み、残債を中古車となった車の価値として評価してもらうことのできる残債換価ローンも利用されるようになってきました。

中古車の残債があっても新車の頭金や購入金の一部として利用できるため、継続してローンを組むことができる上、新車に乗り換えることができる便利な方法です。


中古車もローンを組むことはできます。
ただし担保となる車両がすでに中古車として価値が減少しているため、頭金をできるだけ支払うようにして毎月の支払い金額を抑えるか、毎月の支払額を多めにして短期で終了させるかなど新車を購入するときよりは成約を受けることになります。


審査は収入証明や源泉徴収票を提出して、身分証明書を添付する形式で会社によっては保証人をつけることを要求されたりしますが、融資の審査としては新車でも中古車でも変わりありません。

Yahoo!知恵袋を情報を幅広くご活用下さい。

車両は贅沢品ではなく生活必需品とみなされていますので、総量規制でも融資を受けている分に加算する必要がありません。



他の件で資金が必要になり融資を申し込んだ場合に収入により制限を受けることがあっても車のローンの分は除外して計算してもらえるのです。