霊園での古くて新しい永代供養

どのような墓を利用するのであれ、一人の人間の一生は数十年限りでも、墓石はその死後も存続し続ける以上、一度安置した墓石は誰かが護り、後代へと伝えていくことになる道理です。
霊園やお寺がその任務を末永く行っていくことを永代供養と言い、これへの対価を永代供養料などと呼び慣わしています。


人々が代金を払って霊園に永代供養をしてもらう理由は様々です。

子供が娘しかいない場合、結婚後は他家のメンバーとなるため、親の墓に参ってくれる人は居なくなることから、その維持には墓地を永く管理してくれる存在が不可欠となる道理です。

また子孫が男子ばかりであっても、だからこそ他所に引っ越して就職してしまうため、やはり本籍地に残されることとなる墓地の維持はそのままでは困難を生じます。また転居した後に長い年月を経た子供達も、故郷の墓に参詣するのは苦痛であっても現居住地の霊園にあればお参りしたくなる、ということもあり得ます。どのケースでも、利用者に代わって最終的に墓を管理してくれる存在が必要であるため、今なお永代供養という仕組みは需要があります。


一方でその内容は今日の風潮を受けて変化しています。例えば重厚な墓石を建立しないかわり、従来より安価な供養料で済むようになっていますし、公営と私営とを問わず、使用者の宗教信仰を問題とはしない墓園もその数を増やしています。また故人の遺骨を納骨することはもとより、生前に一通りのコントラクトを結んでおくというオプションも可能です。


mouseover